コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野尻 のじり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野尻
のじり

宮崎県南西部,小林市南部の旧町域。都城盆地北縁にある。1955年野尻村と紙屋村が合体して町制。2010年小林市に編入江戸時代薩摩藩領。大淀川の支流岩瀬川に向かって傾斜する九州山地南麓を占め,米,野菜などの畑作畜産や園芸が行なわれる。岩瀬ダムを中心とする野尻湖公園や東麓石窟仏などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

のじり【野尻】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野尻
のじり

宮崎県南西部、西諸県(にしもろかた)郡にあった旧町名(野尻町(ちょう))。現在は小林(こばやし)市の東南部を占める地域。旧野尻町は1955年(昭和30)野尻、紙屋(かみや)の2村が合併して町制施行。2010年(平成22)小林市へ編入。地名は『延喜式(えんぎしき)』に野後(のじり)の駅名、野波野(のなみの)(野後野?)牛馬牧の記載がある。シラス台地と丘陵性山地が広く、大淀(おおよど)川とその支流岩瀬(いわせ)川が流れる。国道268号が通る。近世は薩摩(さつま)藩領。台地が広いが野尻原(のじりばる)用水、漆野原(うるしのばる)用水により水田が開けた。畜産とメロンなどの園芸作物栽培が盛ん。南部に岩瀬ダム、人造湖野尻湖がある。[横山淳一]
『『野尻町史』(1965・野尻町) ▽『野尻町史』(1994・野尻町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の野尻の言及

【大桑[村]】より

…木曾川上流域に位置し,西は岐阜県に接する。中世は高山寺領小木曾荘に属し,江戸時代は天領で,中心集落の須原,野尻はともに中山道の宿駅として栄えた。村の東部を木曾山脈,西部を飛驒山脈が占め,豊かな森林地帯となっている。…

【木曾路】より

…また木曾路の称が中山道の代名詞としてつかわれたこともあるが,これは木曾路の知名度の高さを示すものである。木曾路は分水嶺鳥居峠をはさんで,南と北に流れる木曾川と奈良井川(信濃川の上流)に沿って,南北に縦貫し,その間に贄川(にえかわ),奈良井,藪原,宮越(みやのこし),福島上松(あげまつ),須原,野尻,三留野(みどの),妻籠(つまご),馬籠(まごめ)の11宿が設けられ,また福島には江戸時代の四大関所福島関が置かれていた。宿駅は幕府の交通上の機関として設けられたものであって,各宿とも公用人馬の継立て,公式の宿泊・休憩などを担当する問屋場(とんやば)・本陣・脇本陣をはじめ,これらの業務にたずさわる問屋役・年寄役・伝馬役などの宿役人の家や,一般の旅人の休泊のための旅籠屋・茶屋,それに諸商人・諸職人の家など,200軒から400軒が街道に沿っていわゆる宿場町を形成していた。…

※「野尻」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

野尻の関連キーワード野尻湖ナウマンゾウ博物館長野県木曽郡大桑村野尻長野県上水内郡信濃町ヒヤデス(散開星団)昭和(村)(福島県)福島県大沼郡昭和村ファブリカトヤマ野尻湖底遺跡野尻湖遺跡古家 榧夫草下 英明宇佐美定満小林(市)大桑[村]野尻 抱影信濃[町]信濃(町)亀井節夫斑尾高原福田たね

野尻の関連情報