コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斑尾山 まだらおやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斑尾山
まだらおやま

長野県新潟県の境にある火山標高 1382m。標高 1000m内外の新第三紀層の高原上に噴出した火山で,西方にある妙高山黒姫山飯縄山とともに山容が目立つ。西側山麓に野尻湖がある。東方飯山盆地に向かう斜面斑尾高原と呼ばれ,別荘地,スキー場などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕斑尾山(まだらおやま)


長野県北東部、新潟県境近くにそびえる成層火山。標高1382m。西麓(せいろく)の野尻(のじり)湖はこの山の噴出物による堰止湖(せきとめこ)。飯縄(いいづな)山・黒姫(くろひめ)山・戸隠(とがくし)山・妙高(みょうこう)山とともに北信(ほくしん)5岳の一つ。北東麓の斑尾高原にはシラカンバ林と大湿原が広がり、自然休養村に指定。山腹にはスキー場が広がる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の斑尾山の言及

【野尻湖】より

…長野県北部,上水内(かみみのち)郡信濃町にある湖。斑尾(まだらお)山(1382m)の溶岩流による堰止湖で,古くはその湖岸線の形から芙蓉湖といわれた。面積4.4km2,周囲17.5km,最深部37m。…

※「斑尾山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

斑尾山の関連キーワードタングラムスキーサーカス長野県上水内郡信濃町豊田(長野県)新潟県妙高市信濃(町)飯綱(町)堰止湖中野市飯綱町北信野尻三水妙高

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android