コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断石山石窟磨崖仏 だんせきざんせっくつまがいぶつTansǒk-san sǒkkul maae-bul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断石山石窟磨崖仏
だんせきざんせっくつまがいぶつ
Tansǒk-san sǒkkul maae-bul

韓国,慶州西方の断石山 (732m) 山頂近くの石窟磨崖仏。巨岩を利用して造られた石窟寺院の壁面に仏,菩薩,半跏,供養像など 10体が彫刻されている。石窟の奥壁に高さ 7mに及ぶ如来立像と二菩薩立像,ならびに造像銘記があり,この石窟が弥勒三尊仏を主尊とする神仙寺であったことがわかる。一説には,新羅の金庚信将軍が三国統一を祈願して修行した中岳石窟が,この断石山神仙寺であるともいわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

断石山石窟磨崖仏の関連キーワード三八式歩兵銃大島(北海道)有珠山渡島大島アンダマン諸島渡島大島洞爺湖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android