コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡島大島 おしまおおしま

5件 の用語解説(渡島大島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渡島大島
おしまおおしま

北海道南西部,松前半島の西方,日本海にある無人の火山島。松前町に属する。面積 9.37km2三重式火山で最高点は 714m。松前矢越道立自然公園に属する。北に奥尻島,南東に小島がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おしまおおしま【渡島大島】

渡島半島の西約50キロメートルにある島。活火山島で無人。1741年(寛保1)の噴火で大津波が発生し、渡島半島西岸で約一五〇〇人が死亡した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕渡島大島(おしまおおしま)


北海道南西部、日本海に浮かぶ火山島。松前(まつまえ)半島の西方沖約50kmに位置する。面積9.7km2。松前町に属する無人島。松前大島ともいう。最高点は三重式火山の外輪山東部の江良(えら)岳(標高732m)。1741年(寛保(かんぽう)元)の噴火により大津波が発生、1467名の死者を出した。オオミズナギドリ繁殖地として国の天然記念物に指定。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渡島大島
おしまおおしま

北海道南西部、渡島半島西方約60キロメートルの日本海に浮かぶ活火山島。直径約4キロメートルで、海食崖(がい)が発達し、玄武岩・安山岩からなる。鳥海(ちょうかい)火山帯に属する三重式の成層火山で、島の最高点は外輪山の江良(えら)岳(732メートル)。1741年(寛保1)の噴火に伴う大津波のため、対岸の渡島半島西岸で1467人、青森県津軽(つがる)地方で8人が溺死(できし)(有史以来の東日本最大の噴火災害)。この噴火は翌年まで続き、また1759年(宝暦9)にも小噴火した。無人島。[諏訪 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の渡島大島の言及

【松前[町]】より

…松前半島南西部に位置し,南と西は日本海に面する。西方海上の大島(渡島大島),小島(松前小島)を含む。〈まつまえ〉の名は,アイヌ語の〈マトマイ=ヲ・マツ・ナイ(婦人のいる沢)〉または〈マトマイ=マツ・オマ・イ(婦人のいる所)〉によるともいわれるが,近世には現在の町の中心地である松前氏の城下福山の異称のほかに,〈松前地〉のように蝦夷地に対して和人の居住地としての和人地(シャモ地)の意,および〈松前島〉のように現在の北海道そのものの意にも用いられた。…

※「渡島大島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡島大島の関連情報