コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井勝房 あらい かつふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井勝房 あらい-かつふさ

1793-1846 江戸時代後期の画家。
寛政5年生まれ。新井勝重の父。書を嵩堂禅師に,画を内田凌雲(りょううん)にまなび,雲亭,三省,陽々と号す。のち2代狩野素川(かのう-そせん)の画風をこのみ,号を素真,名を慶俊とあらためた。弘化(こうか)3年6月27日死去。54歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。通称は富八郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新井勝房の関連キーワードルイ17世ナポレオン1世マリ・アントアネットロベスピエール総合年表(アメリカ)グロー上田秋成ウーシャールクラビエールコルデ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android