コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井勝房 あらい かつふさ

1件 の用語解説(新井勝房の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井勝房 あらい-かつふさ

1793-1846 江戸時代後期の画家。
寛政5年生まれ。新井勝重の父。書を嵩堂禅師に,画を内田凌雲(りょううん)にまなび,雲亭,三省,陽々と号す。のち2代狩野素川(かのう-そせん)の画風をこのみ,号を素真,名を慶俊とあらためた。弘化(こうか)3年6月27日死去。54歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。通称は富八郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井勝房の関連キーワード上田秋成ジャコバン憲法バンデーの反乱桂川甫周ミシンヘンリークルーゼンシュテルン鈴木春山ガレ仁孝天皇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone