コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶俊 けいしゅん

3件 の用語解説(慶俊の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

慶俊【けいしゅん】

〈きょうしゅん〉とも読む。奈良時代大安寺の僧。河内葛(藤)井氏出身。731年以降の経典の借用申請者,あるいは経典を写経所に貸した人物として慶峻・敬俊などと見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

慶俊

生年:生没年不詳
奈良時代の僧。「けいしゅん」ともいう。延暦年間(782~806)に没した。河内国丹比郡(大阪府藤井寺市付近)の渡来系氏族葛井(藤井)氏の生まれ。同氏や船氏,津氏は西文氏につながる氏族で河内南部に居住し,伝統的に仏教と縁が深い。光明皇后の母県犬養橘三千代の本貫地河内国古市郡とも近い。慶俊は出家後大安寺に属し,入唐僧の道慈を師として三輪,法相,華厳などを学ぶ。華厳講師などを経て,天平勝宝5(753)年には法華寺(光明皇后の宮を寺院とした宮寺を起源とする)の大鎮となる。同8年,聖武天皇の死に際して「聖代の鎮護に堪え,玄徒の領袖たり」と讃えられ,律師に任じられた。こうした昇進の背景には学問的教養のほか,光明皇后,藤原仲麻呂との強い連携が想定される。慶俊は仲麻呂政権の崩壊とともに失脚,道鏡の没落後,律師に返り咲いた。<参考文献>佐久間竜『日本古代僧伝の研究』

(鷺森浩幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けいしゅん【慶俊】

奈良時代の大安寺の僧。慶峻とも書く。生没年不詳。河内葛井(ふじい)氏の人。731年(天平3)大安寺の請経牒(しようきようちよう)(借りたい経典の名を記す文書)に自署し,751年(天平勝宝3)東大寺写経所目録は慶俊所持の経典中で借りたいものの名を記す。753年4月大安寺仁王会講師18人中に名をつらね,同8月法華寺の文書に同寺大鎮として署名し,756年律師と記される。道鏡によって排斥されたが,770年(宝亀1)復任し少僧都(しようそうず)となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

慶俊の関連キーワード衆徒度羅楽買春慶春以州順栄恵俊稽文会芝慶舜修栄玉渓慧瑃

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone