コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井勝重 あらい かつしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井勝重 あらい-かつしげ

1821-1893 幕末-明治時代の画家。
文政4年1月20日生まれ。新井勝房の子。父にまなび,仏画を得意とした。幕府の命をうけ,天保(てんぽう)から嘉永(かえい)にかけての日光東照宮の修理に従事。畿内,東海などを遊歴し,地図を作製。明治7年「下野(しもつけ)色分絵図」を栃木県に寄贈した。明治26年1月20日死去。73歳。下野(栃木県)出身。俳号は五村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

新井勝重の関連キーワードファナリオテスバイロンマンゾーニエルサルバドルスーダン(国)黒田清輝ウィグモア北村透谷東京大学E. ロッド

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone