コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新井勝重 あらい かつしげ

1件 の用語解説(新井勝重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新井勝重 あらい-かつしげ

1821-1893 幕末-明治時代の画家。
文政4年1月20日生まれ。新井勝房の子。父にまなび,仏画を得意とした。幕府の命をうけ,天保(てんぽう)から嘉永(かえい)にかけての日光東照宮の修理に従事。畿内,東海などを遊歴し,地図を作製。明治7年「下野(しもつけ)色分絵図」を栃木県に寄贈した。明治26年1月20日死去。73歳。下野(栃木県)出身。俳号は五村。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

新井勝重の関連キーワード大野雲潭小林玉潤杉谷雪樵遠坂文岱橋本青江肥後新造間野凸渓村越向栄山内林斎和田菁華

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone