コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新作歌舞伎 しんさくかぶき

1件 の用語解説(新作歌舞伎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新作歌舞伎
しんさくかぶき

歌舞伎作品中の一分野。明治中期以降,座付作者以外の手に成る新作の歌舞伎のことであるが,狭義には第2次世界大戦後に発表された作品をさす。歌舞伎界では河竹黙阿弥を最後に座付きの狂言作者の伝統が絶え,時代考証のみを重視した活歴物がはんらんするのに対抗し,坪内逍遙などの外部の作家が戯曲を提供したのが始まり。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新作歌舞伎の関連キーワード遊女歌舞伎歌舞伎狂言歌舞伎子歌舞伎役者舞台番伊藤柳枝瀬川如皐(4代)竹柴蟹助戸川不琳並木良輔

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新作歌舞伎の関連情報