コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新作歌舞伎 しんさくかぶき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新作歌舞伎
しんさくかぶき

歌舞伎作品中の一分野。明治中期以降,座付作者以外の手に成る新作の歌舞伎のことであるが,狭義には第2次世界大戦後に発表された作品をさす。歌舞伎界では河竹黙阿弥を最後に座付きの狂言作者の伝統が絶え,時代考証のみを重視した活歴物がはんらんするのに対抗し,坪内逍遙などの外部の作家が戯曲を提供したのが始まり。明治・大正期のこうした新作の歌舞伎新歌舞伎とされるのに対し,戦後の大仏次郎舟橋聖一,三島由紀夫たちの復古調の強い作品は新作歌舞伎と呼ばれて区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

新作歌舞伎の関連キーワード市村 羽左衛門(17代目)坂東三津五郎(10代目)八犬伝/南総里見八犬伝尾上 松緑(2代目)カグヤ/新竹取物語オグリ/小栗判官鶴沢燕三(5代)リュウオー/龍王スーパー歌舞伎今昔饗宴千本桜ヤマトタケルオオクニヌシ真弓田 一夫宇野 信夫巷談宵宮雨ワンピース市川猿之助沓掛時次郎新・三国志空ヲ刻ム者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新作歌舞伎の関連情報