コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月並俳句 ツキナミハイク

3件 の用語解説(月並俳句の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つきなみ‐はいく【月並俳句】

正岡子規が俳句革新の立場から、伝統的な旧派の俳句を排撃していった語。転じて、古臭くて平凡な俳句。月並発句(ほっく)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

つきなみはいく【月並俳句】

正岡子規が自分の革新した新派俳句に対して、旧派俳句をののしって呼んだ語。転じて、古くさい平凡な俳句。月並発句ほつく

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月並俳句
つきなみはいく

文学用語。月並(月次)は本来、毎月行う意で、平安時代には月次和歌会があり、江戸時代には月次句会や月次句合(くあわせ)が盛んに行われた。これに対して「月並俳句」は、正岡子規(しき)が俳句革新の立場から幕末以来の旧派の俳風を非難して「天保(てんぽう)以降の句は概(おおむ)ね卑俗陳腐にして見るに堪へず、称して月並調といふ」(『俳諧大要』1895)などといったところからおこった語。転じて卑俗陳腐でつまらない俳句の意。[今 栄蔵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

月並俳句の関連キーワード子規子規忌新俳句獺祭忌月並調日本派上原三川坪内稔典戸沢百花羞服部耕雨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone