コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月並俳句 ツキナミハイク

3件 の用語解説(月並俳句の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つきなみ‐はいく【月並俳句】

正岡子規が俳句革新の立場から、伝統的な旧派の俳句を排撃していった語。転じて、古臭くて平凡な俳句。月並発句(ほっく)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

月並俳句
つきなみはいく

文学用語。月並(月次)は本来、毎月行う意で、平安時代には月次和歌会があり、江戸時代には月次句会や月次句合(くあわせ)が盛んに行われた。これに対して「月並俳句」は、正岡子規(しき)が俳句革新の立場から幕末以来の旧派の俳風を非難して「天保(てんぽう)以降の句は概(おおむ)ね卑俗陳腐にして見るに堪へず、称して月並調といふ」(『俳諧大要』1895)などといったところからおこった語。転じて卑俗陳腐でつまらない俳句の意。[今 栄蔵]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月並俳句の関連情報