コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新劇協会(読み)しんげききょうかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新劇協会
しんげききょうかい

劇団名。芸術座出身の畑中蓼坡 (りょうは) が創立・主宰し,1919年にチェーホフの『ワーニャ伯父さん』などで旗揚げした。翌年,民衆座と改称してメーテルランクの『青い鳥』を本邦初演。やがて岸田国士正宗白鳥の戯曲を手がけて独自の路線をしいたが,経営的に行きづまり,26年から一時期文藝春秋社の経営となった。 27年,岩田豊雄 (筆名獅子文六 ) が J.ロマン作『クノック』で演出家としてデビューし,話題を呼んだが,28年6月,中心女優伊沢蘭奢 (らんじゃ) が急死,翌年その追悼公演を最後に解散。畑中は新国劇に入団した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新劇協会の関連情報