コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新国劇 しんこくげき

6件 の用語解説(新国劇の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新国劇
しんこくげき

1917年沢田正二郎が結成した劇団。当時の新劇にあきたらず,新しい国民劇を目指して出発したが,東京の新富座での旗揚げ公演は興行的に失敗。関西に都落ちして基礎を固め,21年に上京,『父帰る』『国定忠治』などが成功して,創始した剣劇とともに「沢正」の名は不動のものとなった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん‐こくげき【新国劇】

大正6年(1917)沢田正二郎が、歌舞伎新劇との中間をいく新しい国民演劇の創造を目ざして結成した劇団。剣劇と大衆劇を中心に、島田正吾辰巳柳太郎らが活躍したが、昭和62年(1987)に解散。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

新国劇【しんこくげき】

劇団名。文芸協会から芸術座に参加した沢田正二郎が,新しい民衆劇の樹立をめざして1917年に結成した劇団。東京で失敗し,関西でも苦闘を重ねたが,〈たて〉を巧みにいかした《月形半平太》《国定忠治》の上演で成功,再上京した。
→関連項目大河内伝次郎剣劇藤原義江

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんこくげき【新国劇】

劇団名。1917年4月,芸術座を脱退した沢田正二郎を中心にして,倉橋仙太郎,金井謹之助,田中介二,渡瀬淳子らによって結成された。東京新富座での第1回公演に岡本綺堂松居松葉(しようよう)の戯曲を上演したが,興行的には不調に終わり関西に去った。関西で松竹の白井松次郎に拾われ,京都南座,大阪角座などに出演するが,舞台に迫真的な立回りを取り入れてしだいに観客の喝采を得るようになり,19年には新たな座付作者行友李風(ゆきともりふう)(1877‐1959)の《月形半平太》で大当りをとった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんこくげき【新国劇】

1917年(大正6)、沢田正二郎が新しい国民演劇の創造を目標として作った劇団。「月形半平太」「国定忠次」など、いわゆる剣劇を創始して広い支持を得た。沢田の没後、辰巳柳太郎・島田正吾らを中心に活動を続け、昭和期の代表的大衆劇団となった。70年代に入って中心俳優の高齢化、若手俳優の退団等で衰退、79年株式会社新国劇は倒産。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新国劇
しんこくげき

劇団名。1917年(大正6)沢田正二郎を盟主として創立された大衆劇団。新国劇の名は、それまで新劇の舞台に立っていた沢田がこれに飽き足らず、より広範な一般大衆に親しまれる「新しい国劇」を目的としたのによる。同年4月松竹の協力で東京の新富座で旗揚げ公演をもった。しかし興行的には失敗し、関西に移り、京都・南座でも不入りであったが、7月の大阪・角座(かどざ)の公演は、沢田が考案したリアルな立回りで評判をとった。松竹大阪が弁天座を根城に沢田売出しに力を入れ、沢田も「邪劇(じゃげき)」と自嘲(じちょう)する大衆劇への徹し方でたちまち活況を呈し、京都で座員8名であったのが翌18年には120名に膨張。行友李風(ゆきともりふう)を座付作者に迎え、『春告鳥』『月形半平太』『函嶺夜話』『国定忠治(くにさだちゅうじ)』などで基礎を固めた。21年(大正10)東上して明治座で公演、創立時の失敗を雪辱する。沢田は半歩前進主義を唱え、「右に芸術、左に大衆」をモットーに硬派の演劇と大衆的な剣劇で劇団は順調に発展していった。23年浅草公園劇場出演中、座員が円座になってすしを食べているのを賭博(とばく)行為と誤解した警官とのトラブル(象潟(きさかた)事件)に続いて関東大震災。直後に日比谷(ひびや)の野外音楽堂で『地蔵教由来』『勧進帳』ほかを市民慰安として公演し成功を収め、その後も帝国劇場などに進出して新国劇の全盛時代を築いたが、29年(昭和4)に沢田が急死。
 座長の死後一時期難関にたたされたが、青年俳優の島田正吾(しょうご)と辰巳(たつみ)吾作(辰巳柳太郎)が抜擢(ばってき)されて、劇団の再建は順調に進み、大劇場公演も定着していった。島田は『白野弁十郎(しらのべんじゅうろう)』『沓掛時次郎(くつかけときじろう)』、辰巳は『国定忠治』という師の当り狂言を受け継ぐほか、長谷川伸(はせがわしん)の股旅物(またたびもの)を加え、一方では北条秀司(ひでじ)ら現代劇作家とも提携、『王将』は辰巳、『霧の音』は島田の代表作となった。1967年(昭和42)には創立50周年を迎え、大山克巳(かつみ)、緒形拳(おがたけん)を中心とする新体制を出発させた。しかし、緒形の退団ほか悪条件が重なり、劇団運営が円滑にいかないまま、79年株式会社新国劇が倒産。島田・辰巳を中心に公演活動が細々と再開されてきたが、劇団創立70周年記念公演終了後の87年(昭和62)9月解散した。[藤田 洋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新国劇の言及

【剣劇】より

…俗に〈ちゃんばら〉ともいわれた。1918年(大正7)ころ〈新国劇〉の創始者沢田正二郎が新しい国民大衆劇樹立を意図して進んでいるうちに,《月形半平太》《国定忠治》などの剣闘場面で写実的な緊迫感のある立回りの手を案出し,それが大阪の大衆に迎えられて新国劇の躍進はめざましくなるとともに,剣をふるう人物を主役にした脚本が相次いであらわれて〈剣劇〉の名がつけられた。その後〈剣劇映画〉の名が起こったように時代劇映画への影響は大きく,阪東妻三郎,大河内伝次郎,林長二郎(長谷川一夫),市川右太衛門,片岡千恵蔵らが剣劇映画俳優として人気を呼んだ。…

【沢田正二郎】より

…俳優,劇団新国劇の創立者。滋賀県大津市に生まれ,東京で育った。…

【新劇】より

…こうして経済基盤をつくり,新劇の大衆的普及と芸術的研究上演の二元体制を同時進行させる劇団体制をつくりだしたものの,18年冬,抱月は急逝し,翌19年正月,須磨子は抱月の後を追って縊死を遂げ,第1次の芸術座活動は終わった。 一方,それ以前に芸術座を脱退していた沢田正二郎らは新しい国劇樹立をはかって1917年に〈新国劇〉を結成,ドストエフスキーの《罪と罰》やドイツ表現派のカイザー作《カレーの市民》を本邦初演したが,それらの試みは成功せず,劇団基盤は大衆的娯楽性の強い剣劇によって獲得されていった。 関東大震災前の大正期の新劇は,総じて,芸術座や新国劇のような大衆的娯楽性を創出することによって劇団活動の自立と持続をはかっていた。…

【関の弥太っぺ】より

…1929年(昭和4),総帥の沢田正二郎が急死して危機にあった新国劇のために長谷川伸が書き下ろした戯曲で,8月,帝国劇場で初演され好評を博した。主人公の関の弥太郎は,のちに島田正吾の当り役になった。…

※「新国劇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新国劇の関連キーワード水谷竹紫水谷八重子(初代)芸術座青竜社芸術座・藝術座モスクワ芸術座・モスクワ藝術座武蔵山武小百合葉子仲谷昇初井言栄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新国劇の関連情報