新子・新妓(読み)しんこ

精選版 日本国語大辞典「新子・新妓」の解説

しん‐こ【新子・新妓】

〘名〙
① 新しく遊女や芸者になったばかりの者。初見世(はつみせ)の娼妓。江戸、深川の遊里で多く用いられたことば。また、新人の役者などにもいう。
※評判記・野郎立役舞台大鏡(1687)富山小八良「当年新子三幅一対の中尊左座は松本右座は山村と、ある人のほうびせられしは」
※洒落本・古契三娼(1787)「おやはらからのためとて、十七のとし新子(しンこ)となりて土橋へ出てより」
② (新子) 幼魚の称。特にコノシロでは、体長五センチメートルほどのものにいう。《季・秋》

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android