コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コノシロ コノシロ Konosirus punctatus

5件 の用語解説(コノシロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コノシロ
コノシロ
Konosirus punctatus

ニシン目ニシン科の海水魚。食用。の材料とされる。体長 25cm内外。10cm内外のものを関東地方ではコハダと呼ぶ。体は著しく側扁し,背部は青色で黒点が数縦列に並び,肩部に黒色斑が 1個ある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コノシロ

コノシロ科の魚。地方名ツナシ,マハダなど。東京では15cmぐらいまでの若魚をコハダという。全長30cmほどに成長する。背面は暗青色で,肩部に大きな黒斑があり,背びれの後部が糸状にのびている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

コノシロ

 [Konosirus punctatus].ニシン目ニシン科の海産魚.食用にする.中型のものはコハダとよび,酢でしめて鮨の種にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

コノシロ【gizzard shad】

ニシン目ニシン科の海産魚(イラスト)。関東では当歳魚をシンコ,15cm程度のものをコハダ,関西ではツナシと呼ぶ。背面は青藍色,腹部は銀白色である。腹面に1列の稜鱗がある。えらぶたの後ろに大きな黒斑があり,体側の中央部より背側のうろこにはそれぞれ黒点があり,縦走帯をなしている。背びれの最後の軟条が長くのびているのが大きな特徴である。朝鮮半島,日本,中国,ポリネシアインドに分布し,日本では松島湾,佐渡が北限である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コノシロ
このしろ / ・鮗
dotted gizzard shad
[学]Clupanodon punctatus

硬骨魚綱ニシン目ニシン科に属する海水魚。本州中部地方以南の沿岸に分布し、海藻の繁茂した所にすむ。全長は28センチメートルに達し、体は著しく側扁(そくへん)し、腹縁に稜線(りょうせん)を備える。体の背部は青色、腹部は銀白色。背びれの最後軟条は糸状。肩部に明瞭(めいりょう)な1黒斑(こくはん)がある。内湾性の魚で、小形プランクトンを捕食し、4~6月に内湾で浮性卵を産む。刺網、巻網などで漁獲される。成長につれて呼び名が変わり、東京地方で幼魚をジャコまたはシンコ、10センチメートル前後のものをコハダ(西日本の一部ではツナシ)とよぶ。[浅見忠彦]
 コハダとよばれる中形のものは、すしの種として重用される。濃厚なうま味は、脂肪分が多いためであるが、一方でしつこさとなる。そのため、すし種(だね)にするときは酢でしめて用いる。また小骨が多いので身を細く切るか、ハモのように骨切りして使う。
 酢じめしたものは、すしのほか、酢の物にも使用する。大きいものは煮つけ、塩焼き、から揚げに用いられる。正月料理用として保存が効く粟(あわ)漬けがある。頭、内臓を除き、軽く塩漬けにしたあと酢につけ、蒸した粟をまぶし、箱に詰めて軽く押す。広島地方では、このしろ汁にする。[河野友美・大滝 緑]

民俗

この魚は焼くと死臭がするといって嫌われ、武士はこれを焼くのを「この城を焼く」といって避けた。また武士が切腹するとき、この魚を出したという。『秋田風俗問状答』に、出産の胞衣(えな)(胎児を包んだ膜と胎盤)はこの魚を添えて埋めるとある。岡山県では「ヘイシヨケ」という俗信があり、産褥(さんじょく)で死ぬのをオヤヘイシ、七つまでに子の死ぬのをコヘイシという。このヘイシ除(よ)けには、コノシロ2尾を土器に入れ、祈祷師(きとうし)に祈ってもらったあと、これを土中に埋めると子がよく育つという。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノシロの関連キーワードウルメイワシマイワシオキイワシ真鰯キグチメンヘーデンキビナゴ(黍魚子∥吉備奈仔)サッパ(拶双魚)ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コノシロの関連情報