コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新宮晋 しんぐうすすむ

百科事典マイペディアの解説

新宮晋【しんぐうすすむ】

彫刻家。大阪生れ。東京芸大卒業後,ローマ国立美術学校で学ぶ。ヨーロッパで活動を始める。風によって自在に動き,形が変わる金属彫刻は,公園や広場で人びとに親しまれている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新宮晋 しんぐう-すすむ

1937- 昭和後期-平成時代の彫刻家。
昭和12年7月13日生まれ。35年イタリアに留学。54年吉田五十八(いそや)賞。61年日本芸術大賞。同年横浜ビエンナーレ野外彫刻展で大賞。平成元年ヘンリー・ムーア大賞展で特別優秀賞。水や風の力によってうごく立体作品をつくる。大阪出身。東京芸大卒。作品に「終りのない対話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

新宮晋の関連キーワード六角鬼丈彫刻家

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新宮晋の関連情報