コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新渡 シント

2件 の用語解説(新渡の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐と【新渡】

《「しんど」とも》
新しく外国から渡来したこと。また、そのもの。
「数万貫の銭貨、―の唐物(からもの)等、美を尽くして」〈太平記・三九〉
今渡(いまわた)り

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の新渡の言及

【名物裂】より

…今日数多く残っている名物裂帖は,そうした裂の勉強帖としての役割も果たしていたと思われる。時代区分としては,〈極古渡(ごくこわたり)〉(14世紀ころ),〈古渡(こわたり)〉(15世紀),〈中渡(なかわたり)〉(16世紀前半),〈後渡(のちわたり)〉(16~17世紀),〈新渡(しんと)〉(17世紀)という設定がなされるが,現実には小裂の時代の判別はきわめて難しく,また〈極古渡〉に属するものは非常にまれである。したがって明代中期(15~16世紀)くらいのものまでを一般に〈古渡〉と称している。…

※「新渡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新渡の関連情報