生面(読み)セイメン

デジタル大辞泉の解説

せい‐めん【生面】

新しい方面。新生面。
初めて会うこと。初対面。「生面の客」
[アクセント]1はセイメン、2はセイメン

なま‐づら【生面】

(「生面下げる」の形で)をののしっていう語。いけしゃあしゃあとした顔。
「なんの―さげて、今この所へ来たりしぞ」〈浄・出世景清

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

せいめん【生面】

あたらしい方面。新生面。 「一-を開く」
初めての面会。初対面。 「小池が今此-の人に紹介して呉れる時/うづまき

なまづら【生面】

(多く「なまづら下げて」の形で)顔をののしっていう語。いきづら。 「御出馬のお供も叶かなはず、-さげて帰つたはやい/浄瑠璃・神霊矢口渡」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いき‐づら【生面】

〘名〙 生きている人の顔。また、顔を強調していう。
※天理本狂言・内沙汰(室町末‐近世初)「女ゆひさしをしたいきつらにそのやうにする物かと云てはらをたつる」

せい‐めん【生面】

〘名〙
① 新しい方面。新生面。新面目。
※垂加文集(1714‐24)元日詩・丁未「今朝向鏡自請問、生面工夫在孰辺」 〔杜甫‐丹青引贈曹将軍覇詩〕
② 初めて会うこと。初対面
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)祇園祭優行「豈別熟識兼生面、心酔魂迷転欲顛」

なま‐づら【生面】

〘名〙 (「なま」は接頭語) 顔をののしっていう語。恥を恥と思わない顔。いけしゃあしゃあとした顔。「生面さげる」の形で、恥ずべき行ないをしていながら死にもしないで平然と生きている様子を卑しんでいう。
仮名草子・魚の歌合(1624‐44頃か)「右 なまずのひょん太郎 風のふくへさきのおきなおさへかねなまつらさげてこかれゆくふね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生面の関連情報