コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後藤宙外 ごとうちゅうがい

6件 の用語解説(後藤宙外の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後藤宙外
ごとうちゅうがい

[生]慶応2(1866).12.23. 羽後,払田
[没]1938.6.12. 福島,北会津
小説家,評論家。本名,寅之助。 1894年東京専門学校卒業。坪内逍遙の門から出て,劇作から小説に転じた。 1900年から『新小説』を編集して尾崎紅葉硯友社系作家の全盛に寄与する一方,政治小説の提唱でも知られ,明治 40年代には『随感録』 (1907) ,『非自然主義』 (08) などで自然主義文学の勃興に反対の論陣を張った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごとう‐ちゅうがい〔‐チウグワイ〕【後藤宙外】

[1866~1938]小説家・評論家。秋田の生まれ。本名、寅之助。「新小説」を編集し、反自然主義の立場に立つ。小説「ありのすさび」「闇のうつつ」、回想録「明治文壇回顧録」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

後藤宙外【ごとうちゅうがい】

小説家,評論家。本名寅之助。羽後の人。東京専門学校(早稲田大学)卒。《早稲田文学《新小説》等を編集するとともに《ありのすさび》その他の小説や評論を書いた。自然主義隆盛の時代には反自然主義の立場に立ち,評論集《非自然主義》《明治文壇回顧録》等の著がある。
→関連項目小杉天外社会小説新小説

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

後藤宙外 ごとう-ちゅうがい

1867*-1938 明治-大正時代の小説家,評論家。
慶応2年12月23日生まれ。明治28年小説「ありのすさび」で注目される。33年春陽堂の「新小説」編集主任となり,小説や反自然主義の評論を発表した。昭和13年6月12日死去。73歳。出羽(でわ)仙北郡(秋田県)出身。東京専門学校(現早大)卒。本名は寅之助。小説に「腐肉団」,回想録に「明治文壇回顧録」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ごとうちゅうがい【後藤宙外】

1866~1938) 小説家・評論家。秋田県生まれ。本名、寅之助。東京専門学校卒。「新小説」を編集、自然主義に対抗して「非自然主義」を唱えた。小説「ありのすさび」「腐肉団」、評論「非自然主義」「明治文壇回顧録」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後藤宙外
ごとうちゅうがい
(1866―1938)

小説家、評論家。本名寅之助(とらのすけ)。秋田県生まれ。東京専門学校(現早稲田(わせだ)大学)卒業。『ありのすさび』(1895)で文壇に認められ、初め深刻小説、社会小説の傾向の作品を書いたが、しだいに硯友社(けんゆうしゃ)風の作風に転じていった。その後、自然主義が勢力を得てくるとこれに反対し、反自然主義の評論を書く一方、文芸革新会を結んで批判したりした。その間1899年(明治32)には春陽堂に入り、『新小説』の編集主任となり、公平な精神で、夏目漱石(そうせき)の『草枕(くさまくら)』、田山花袋(かたい)の『蒲団(ふとん)』など、人々の注目を集め、時代に影響を与えた作品を掲載し文壇に大きく貢献した。晩年は故郷に帰り考古学の研究に熱中した。著書に作品集『裾野(すその)』(1909)、評論集『非自然主義』(1908)、回想録『明治文壇回顧録』(1936)などがある。[畑 実]
『『明治文学全集65 後藤宙外他集』(1968・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

後藤宙外の関連キーワード英学池内蔵太海保漁村カッテンデイケ木下逸雲吉良仁吉小島紋次郎シーボルトニール山県太華

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone