新田 昌玄(読み)ニッタ ショウゲン

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

新田 昌玄
ニッタ ショウゲン


職業
俳優

本名
新田 昌玄(ニッタ マサハル)

生年月日
昭和9年 8月3日

出身地
徳島県 那賀郡木頭村

学歴
慶応義塾大学法学部中退

経歴
昭和32年から劇作家の三好十郎に師事。同年文化座に入り、舞台「炎の人」で初舞台を踏む。35年民芸に移る。以来、同劇団の中堅俳優として活躍した。映画には41年篠田正浩「処刑の島」に新田昌の名で初主演。平成14年「その人を知らず」が最後の舞台となった。主な出演に舞台「火山灰地」「るつぼ」「三人姉妹」「桜の園」「七人みさき」「グレイクリスマス」「大司教の天井」、映画「黒い太陽」「激動の昭和史・軍閥」「日本沈没」「動乱」「花街の母」「海峡」「若人よ いのちと愛のメッセージ」「ちぎれ雲 いつか老人介護」、テレビ「徳川家康」「腕におぼえあり」「大地の子」などがある。

没年月日
平成16年 11月18日 (2004年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android