コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新町屑糸紡績所 しんまちくずいとぼうせきじょ

百科事典マイペディアの解説

新町屑糸紡績所【しんまちくずいとぼうせきじょ】

明治新政府によって群馬県新町(現・高崎市)に設立された官営模範工場。内務卿木戸孝允(たかよし)の設立伺(うかがい)などを経て,1877年開業,新町は昭和初期まで製糸業の町として発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の新町屑糸紡績所の言及

【新町[町]】より

…面積4.23km2は県内最小で,人口密度は県内で最も高い。江戸時代には神流川の渡しをひかえた中山道の宿場町で,1877年に官営模範工場として内務省勧業寮新町屑糸紡績所が開業(1887年三井に払い下げられ新町三越紡績所となる)して以来,昭和初期まで製糸業の町として発達した。紡績所は1911年に鐘淵紡績新町工場となり,近年まで生糸をつくっていたが,現在は食品工場に転換している。…

※「新町屑糸紡績所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

新町屑糸紡績所の関連キーワード群馬県高崎市新町新町[町]三井財閥殖産興業官営工業製糸業

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android