丹後縮緬(読み)たんごちりめん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

丹後縮緬
たんごちりめん

京都府の丹後地方を産地とする縮緬の総称。薄地の縮緬として知られている。小幅の和装染呉服地を中心に,全国一の生産高を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

丹後縮緬【たんごちりめん】

江戸時代以降丹後地方で産された白縮緬。もと紬(つむぎ)などを産していたが,18世紀前半に京都西陣から技法を導入,宮津・峰山地方を中心に盛んに生産した。原料の奥州福島糸を京都の糸問屋から配られて,織賃を稼ぐ掛機(かけばた)・歩機(ぶばた)や小規模な機屋がほとんどで,製品販売を独占する糸問屋の支配を受けるものが多かった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

たんごちりめん【丹後縮緬】

京都府の丹後地方で織られる縮緬。主に白生地きじで産出、友禅や小紋などの染下地に用いられる。享保年間(1716~1736)に絹屋佐平治によって興されたという。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

丹後縮緬
たんごちりめん

京都府の与謝(よさ)郡と京丹後市、およびその付近で生産される縮緬。とくに中心地は京丹後市の峰山(みねやま)町と網野(あみの)町。この地方の縮緬生産は、享保(きょうほう)年間(1716~36)に京都西陣(にしじん)より技術を導入し、農家の副業として生産が行われ、友禅染め用生地(きじ)として京都の問屋と密接な関連のもとに急激な発展をみた。製品は、ほかの地方の縮緬と比較してしぼが細かく、友禅染め・小紋染め生地として最適のものであった。もと白生地の生産だけで精練はすべて京都で行われていたが、1928年(昭和3)から現地で精練する国練(くにねり)が開始され、品質の統一に役だち、縮緬生産の大部を占めた。しかし現在では合繊の進出と京都の動向に左右され、生産制限をしている状態である。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たんご‐ちりめん【丹後縮緬】

〘名〙 丹後国与謝・中・竹野(京都府与謝郡・中郡・竹野郡)地方から産する上等の縮緬。享保(一七一六‐三六)の頃、中郡峰山の森田次郎兵衛(絹屋佐平治)が京縮緬の織り方を伝えたものという。丹後。丹縮緬。たんちり。
※絹布重宝記(1789)「丹後縮緬(タンゴチリメン)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android