コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新納中三 にいろ なかぞう

2件 の用語解説(新納中三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新納中三 にいろ-なかぞう

1832-1889 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年4月15日生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩の重臣。慶応元年大目付となり,石垣鋭之助の変名で藩留学生をひきいてヨーロッパ各国を視察。帰国後家老となり,開成所,外交事務をつかさどる。維新後は判事,大島島司などをつとめた。明治22年12月10日死去。58歳。字(あざな)は久脩。通称は刑部。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

新納中三

没年:明治22.12.10(1889)
生年:天保3.4.15(1832.5.15)
幕末の薩摩藩士,明治期の司法官吏。諱は久脩,通称中三,刑部。藩主島津家一門。家は850石余を食み,小姓番頭,軍役方総頭取を経て文久2(1862)年軍役奉行,翌3年7月,薩英戦争のとき,彼が勧奨した洋式軍制が威力を発揮して評価された。慶応1(1865)年大目付に昇進,町田久成,松木弘安(寺島宗則),五代才助(友厚)らと留学生14人を率いて渡英,このときに独,仏,蘭,ベルギーを歴遊,同2年帰国。家老に昇進,薩藩の外交事務を総理した。明治初年の藩政改革に関与。以後,明治9(1876)年司法7等判事,11年大審院判事,12~15年名古屋・函館各裁判所判事。15年非職。19年鹿児島県書記官。病没。

(福地惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新納中三の関連キーワード児玉源之丞司法官憲司法官庁司法官試補薩摩義士乾孚志岡野新助尾崎忠治土屋信民中山要人

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone