新羅三彩(読み)しらぎさんさい

世界大百科事典 第2版の解説

しらぎさんさい【新羅三彩】

朝鮮,統一新羅時代につくられた,三彩釉を施された陶器遺品は数少なく,大韓民国国立中央博物館所蔵の有高杯は,蓋受けの立上がりのある浅い杯部に,低い鈍重な感じを与える脚部がついた,統一新羅時代に通有の器形を示す。蓋は,つまみを欠失しているが,それを中心に,二重円圏列文,二重圏線文,複合鋸歯文で上半部を飾る。器表全面にかけられた釉薬色調は,褐色地に赤黄色と緑色が部分的にみられ,三彩の発色が鮮明でない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android