コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅十二支像 しらぎじゅうにしぞう Sinra sibijisang

1件 の用語解説(新羅十二支像の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅十二支像
しらぎじゅうにしぞう
Sinra sibijisang

干支 (えと) の十二支を獣首人身像として造形したもので,統一新羅時代以降,陵墓の護石や石塔の基壇などに好んで浮彫された。子 (ね) 像を北に,午 (うま) 像を南にして右回りに配置された王陵の十二支像は,四天王像のような神将形式のものが多く,被葬者に対する供養と守護的性格をもち,薬師如来の眷属 (けんぞく) である十二神将と共通している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新羅十二支像の関連キーワード干支十干十二支五行易支干専日エトはメリーゴーランド干支暦月将蔵干

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone