コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新羅十二支像 しらぎじゅうにしぞうSinra sibijisang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新羅十二支像
しらぎじゅうにしぞう
Sinra sibijisang

干支 (えと) の十二支を獣首人身像として造形したもので,統一新羅時代以降,陵墓の護石や石塔の基壇などに好んで浮彫された。子 (ね) 像を北に,午 (うま) 像を南にして右回りに配置された王陵の十二支像は,四天王像のような神将形式のものが多く,被葬者に対する供養と守護的性格をもち,薬師如来の眷属 (けんぞく) である十二神将と共通している。こうした新羅十二支像も,唐代明器の十二支 (よう) にみられる中国十二支像の影響を受けているのは明白で,慶州遠願寺址石塔の『十二支像』はその好例。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

新羅十二支像の関連キーワード朝鮮彫刻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android