コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新興市場地域 しんこうしじょうちいき emerging market economies

1件 の用語解説(新興市場地域の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

新興市場地域

必ずしも地理的な概念ではなく、成長可能性を秘めた地域といった意味。NIESとして注目を集めた諸国に続いて、1980年代に急成長したASEAN諸国や中国沿岸部、場合によっては、ロシア、東欧の移行経済諸国も含まれる。80年代初頭の債務危機からラテン・アメリカ諸国が回復するにつれて、改めて海外から資金を集めるために、この名称が使われた。NIESやNICSという名称が「工業化」に着目しているのに対し、機関投資家の関心を引くことに重点がある。90年代に相次いだ通貨・金融危機で一時の人気は衰えたが、アジア経済の回復が進むにつれて再び脚光を浴びつつある。とりわけ、中国とインドが対外経済政策を自由化し、経済成長率が高まったことから注目を集めている。

(石見徹 東京大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新興市場地域の関連キーワード郷土誌エマージング・マーケット必ずしも可能性相対概念無きにしも非ずセフレ家族性の不良在庫推定活断層

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

新興市場地域の関連情報