コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新藤凉子(読み)しんどう りょうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

新藤凉子 しんどう-りょうこ

1932- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和7年3月23日生まれ。女優をこころざして劇団東童に所属し,また詩誌「氾」同人となる。昭和38年ヨーロッパにわたり,帰国後「歴程」同人。60年情熱的に主題と自我を同一化させた「薔薇ふみ」で高見順賞。平成19年「薔薇色のカモメ」で丸山薫賞。25年新藤凉子・河津聖恵・三角みづ紀連詩集「連詩 悪母島(ぐぼとう)の魔術師(マジシャン)」で藤村記念歴程賞。詩集はほかに「ひかりの薔薇」など。鹿児島県出身。共立女子大中退。本名は古屋凉子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新藤凉子の関連情報