新4K8K衛星放送(読み)シンヨンケーハチケーエイセイホウソウ

デジタル大辞泉の解説

しんよんケーはちケー‐えいせいほうそう〔‐ヱイセイハウソウ〕【新4K8K衛星放送】

平成30年(2018)12月に本放送を開始した高精細・高画質のデジタル衛星放送の総称。フルハイビジョンの4倍の画素数のBS4K放送110度CS4K放送、および16倍の画素数のBS8K放送を指す。いずれも高画質規格HDRの映像を提供する。従来の放送波と異なる送出方式が加わったため、すべてのチャンネルを視聴するには、新方式に対応したアンテナ・各種伝送機器・テレビ・チューナーを必要とする。→4Kテレビ8Kテレビ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる