コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

方領大根

デジタル大辞泉プラスの解説

方領大根

愛知県あま市方領で生産されるダイコン。色は純白で、先端にかけて湾曲する。肉質は緻密で甘みがあり、煮くずれしにくい。古くから当地で栽培されてきたが、1774年に尾張徳川候がたまたま立寄った村でこの大根を食し、美味であると絶賛したことからその名が広まったとされる。「あいちの伝統野菜」に選定されている。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

方領大根[根菜・土物類]
ほうりょうだいこん

東海地方、愛知県の地域ブランド。
主に海部郡甚目寺町で生産されている。江戸時代の発祥。旬は1月から2月。全体が純白で、根の部分が曲がっているのが特徴。肉質は緻密でやわらかく、ふろふき大根に向く。あいちの伝統野菜。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

方領大根の関連キーワード愛知県あま市方領東海地方

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android