於茂多加(おもたか)

デジタル大辞泉プラスの解説

於茂多加(おもたか)

宮城県、阿部勘酒造店の製造する日本酒。平成22、23酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

おもたか【於茂多加】

宮城の日本酒。酒名は蔵元・阿部家の家紋にちなみ命名。原料米に亀の尾を使用した「純米吟醸亀の尾」や山田錦を使用した「特別純米酒山田錦」などがある。平成22、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。仕込み水は泉ヶ岳伏流水。蔵元の「阿部勘酒造店」は享保元年(1716)鹽竈(しおがま)神社の神酒御用酒屋として創業。醸造高500石の吟醸蔵。所在地は塩竈市西町。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android