施設病(読み)しせつびょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施設病
しせつびょう

ホスピタリズム hospitalismともいう。乳幼児が早くから家庭を離れて,長期にわたって施設へ収容された場合に起る発達の遅滞,および肉体的,精神的に不健康な兆候をいう。この言葉は,元来,病院のような組織,制度のもつ衛生上の欠陥というような意味に用いられた。しかし,施設を一概に悪いというのは妥当ではなく,これらは,人間的なふれあいの欠ける保育条件のもとで育った子供たちに起るものであり,近年保育条件の改善により成果がみられたという研究報告もなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

施設病の関連情報