コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

既得権説 きとくけんせつ

1件 の用語解説(既得権説の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

既得権説
きとくけんせつ

ひとたび適法に得られた権利や身分,地位は,のちに法律が変っても最大限に尊重され保護されねばならないという主張 (→既得権 ) 。こうした政策は,社会生活の多くの場面で,いわば生活の知恵として広く認められているところであって,国際関係では,各国の法律が互いに必ずしも同様でないことが少くないため,ある国で有効なものが,国境を越えて他の国に入るとたちまち無効となるようなことが起るおそれがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

既得権説の関連キーワード特権身分権一度適法今ひとたびのいまひとたびの生ひとたび人を殺さば権利証(登記済権利証)坂門人足《いまひとたびの春》

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone