コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部使主 くさかべの おみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部使主 くさかべの-おみ

日本書紀」にみえる人。
日下部吾田彦(あたひこ)の父。市辺押磐(いちのべのおしはの)皇子近侍。皇子が大泊瀬幼武(おおはつせのわかたける)(雄略天皇)にだまされて射殺されたとき,吾田彦とともに遺児の億計(おけ)王(仁賢(にんけん)天皇)・弘計(おけ)王(顕宗(けんぞう)天皇)をつれて丹波に避難,田疾来(たとく)と改名した。播磨(はりま)の縮見山(しじみのやま)の岩屋にのがれたが,首をくくって自殺したという。名は意美ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日下部使主の関連キーワード日下部吾田彦

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android