コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日下部使主 くさかべの おみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日下部使主 くさかべの-おみ

日本書紀」にみえる人。
日下部吾田彦(あたひこ)の父。市辺押磐(いちのべのおしはの)皇子近侍。皇子が大泊瀬幼武(おおはつせのわかたける)(雄略天皇)にだまされて射殺されたとき,吾田彦とともに遺児の億計(おけ)王(仁賢(にんけん)天皇)・弘計(おけ)王(顕宗(けんぞう)天皇)をつれて丹波に避難,田疾来(たとく)と改名した。播磨(はりま)の縮見山(しじみのやま)の岩屋にのがれたが,首をくくって自殺したという。名は意美ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日下部使主の関連キーワード日下部吾田彦

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android