コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日光湯元[温泉] にっこうゆもと

百科事典マイペディアの解説

日光湯元[温泉]【にっこうゆもと】

栃木県日光市,湯ノ湖北岸にわく温泉。硫黄泉。48〜78℃。日光を開いた勝道の発見と伝え,江戸時代には9つの湯があった。白根山東麓,標高1480mの地で,奥日光観光の中心。
→関連項目奥日光日光国立公園湯ノ湖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の日光湯元[温泉]の言及

【日光】より

…西の小田代ガ原,北の三岳山麓の蓼(たて)ノ湖,涸沼なども戦場ヶ原と同じように日光火山群による堰止湖が埋積し湿地化したものである。白根山東麓の湯ノ湖北岸には,勝道発見と伝えられ,近世までは中禅寺別当の支配・管理下にあった日光湯元温泉(硫黄泉,45~73℃)がある。近くには湯元スキー場があり,1965年金精(こんせい)峠下をトンネルで抜けて群馬県利根郡片品(かたしな)村の菅沼と結ぶ金精道路の開通により,奥日光の観光拠点として発展した。…

※「日光湯元[温泉]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日光湯元[温泉]の関連情報