奥日光(読み)おくにっこう

日本大百科全書(ニッポニカ)「奥日光」の解説

奥日光
おくにっこう

栃木県日光市中宮祠(ちゅうぐうし)から奥地をさし、東照宮(とうしょうぐう)、二荒山(ふたらさん)神社、輪王寺(りんのうじ)のある表日光とともに日光国立公園の中心。火山活動によってできた優れた自然景観が注目され、国際的観光地として著名。男体山(なんたいさん)、大真名子(おおまなご)山、太郎山、白根(しらね)山などに登山路が開け、中禅寺湖(ちゅうぜんじこ)、華厳滝(けごんのたき)、西ノ湖(さいのこ)、竜頭滝(りゅうずのたき)、湯滝湯ノ湖切込湖(きりこみこ)、刈込湖(かりこみこ)など湖沼瀑布(ばくふ)に恵まれる。戦場ヶ原(せんじょうがはら)の高層湿原は国立公園特別保護地区。原の西端を曲流する湯川沿いにカラマツ、ミズナラ、ズミなどの樹林やワタスゲなどの湿原植物を縫って自然研究路(部分的に木道)が南北に通じる。

 湯ノ湖北岸の湯元(ゆもと)温泉(日光湯元温泉)は中宮祠(中禅寺温泉)と並ぶ奥日光探勝の拠点となっており、冬季はスキー場が開設される。温泉湧出(ゆうしゅつ)が多く、光徳(こうとく)や中宮祠などに引湯されている。千手(せんじゅ)ヶ原、菖蒲(しょうぶ)ヶ浜、光徳などにキャンプ場がある。標高は約1300メートル以上あり夏涼しく、避暑地としても知られる。中禅寺湖、湯川、湯ノ湖にはマスが放流され、5~9月が漁期である。いろは坂と金精(こんせい)道路を含む国道120号が日光から奥日光を経て群馬県沼田(ぬまた)に通じる。日光宇都宮道路が宇都宮と日光市清滝(きよたき)の間に1981年(昭和56)全通して奥日光が近くなった。

[平山光衛]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「奥日光」の解説

奥日光
おくにっこう

栃木県西部日光市の西部で華厳滝から西の地域。特に戦場ヶ原を中心とする高原地帯をさすことが多い。日光国立公園に属し,観光,保養の地。中禅寺湖湖畔には中禅寺(立木観音),二荒山神社,中宮祠,菖蒲ヶ浜の養魚場,キャンプ場などがある。中禅寺湖の北の戦場ヶ原は散策に適する。その北には湯元温泉湯ノ湖切込湖・刈込湖,丸沼蓼ノ湖などがある。湯元温泉から金精峠白根山への登山,ハイキングコースやスキー場がある。2005年,湯ノ湖と湯川,および戦場ヶ原と小田代原(おだしろがはら)の二つの湿原が,「奥日光の湿原」としてラムサール条約に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「奥日光」の解説

奥日光【おくにっこう】

栃木県日光市西部,華厳滝(けごんのたき)以北の戦場ヶ原を中心とする高原山岳地帯の通称。広義には群馬県境の金精(こんせい)峠以北の菅沼,尾瀬方面まで含めた日光国立公園の一部と尾瀬国立公園をさす。2005年11月に尾瀬,奥日光の湿原がラムサール条約登録湿地となる。日光湯元温泉が観光の中心。
→関連項目日光

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「奥日光」の解説

おく‐にっこう ‥ニックヮウ【奥日光】

日光国立公園のうち、華厳滝の西部の山岳、高原地域。男体山・白根山、中禅寺湖・湯ノ湖、戦場ヶ原、中禅寺温泉・湯元温泉などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の奥日光の言及

【日光】より

…日光火山群の南部,大谷(だいや)川水系の中・上流地域にあたり,今市市の一部も含む。華厳滝より上流の奥日光,下流の表日光(口日光)に分けられる。また,日光火山群の北,鬼怒川上流の塩谷郡栗山村を裏日光(奥鬼怒),日光市南部から鹿沼市北西部,足尾町東部を含む足尾山地北部を,前日光と呼ぶこともある。…

※「奥日光」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android