コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日出城 ひのでじょう

1件 の用語解説(日出城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ひのでじょう【日出城】

大分県速見郡日出町にあった城郭。別名「暘谷城(ようこくじょう)」と呼ばれ、3代藩主木下俊長が中国の古書、『淮南子(えなんじ)』から引用して名づけたと伝わっている。1602年(慶長7)に日出藩の初代藩主木下延俊(のぶとし)が義兄であった細川忠興(ただおき)の支援を受けて築城したもので、小藩には似合わない実戦的な堅固な平山城(ひらやまじろ)であったといわれている。江戸時代は日出藩の藩庁となった本城は、別府湾に突出した南端の台地に本丸、その東・西・北三方を囲むように二の丸、その東に三の丸が築かれ、本丸には複合型層塔式の三重3階の天守と5基の二重櫓(やぐら)、平櫓1基、大手門から長屋を隔てた南部に御殿が建てられていた。天守はシンプルな姿をしており、小倉城大天守や名古屋城大天守などと同様、望楼式から層塔式の天守に移行する時期の特徴をもっていた。JR日豊本線暘谷駅下車、徒歩約10分。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日出城の関連キーワード早水台遺跡日出藩大分医科大学トラピストハーモニーランド杵築[市]日出[町]成清博愛速津媛

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

日出城の関連情報