コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日出藩 ひじはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日出藩
ひじはん

江戸時代,豊後国 (大分県) 速見郡日出地方を領有した藩。慶長6 (1601) 年木下氏が3万石で立藩。寛永 19 (42) 年藩主俊治のとき 5000石を分与廃藩置県にいたった。外様,江戸城柳間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ひじはん【日出藩】

江戸時代豊後(ぶんご)国速見(はやみ)郡日出(現、大分県日出町)に藩庁をおいた外様(とざま)藩。藩校は致道館(ちどうかん)。1601年(慶長(けいちょう)6)、木下延俊(のぶとし)が播磨(はりま)国から3万石で入封(にゅうほう)して立藩。延俊は、豊臣秀吉(とよとみひでよし)の正室高台院(こうだいいん)(おね)の兄木下家定(いえさだ)の3男で、関ヶ原の戦いでは東軍に寝返り、姫路城を死守した。その戦功により延俊が入封して以降明治維新まで、木下氏16代が治めた。儒学者・理学者の帆足万里(ほあしばんり)は1832年(天保(てんぽう)3)から家老として財政再建に尽力した。藩校の致道館は58年(安政5)に開設。海上交通の要所である日出港があり、特産品は鶴成(つるなり)金山の金、七島藺(しちとうい)、将軍献上の麻地酒(あさじざけ)など。1871年(明治4)の廃藩置県により、日出県を経て大分県に編入された。

出典 講談社藩名・旧国名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日出藩
ひじはん

豊後(ぶんご)国(大分県)速見(はやみ)郡地方を領有した藩。外様(とざま)。1601年(慶長6)播磨(はりま)国から木下延俊(のぶとし)が3万石を得て入部。日出城(日出町)を築いて居城とした。以後明治まで、俊治、俊長、俊量(としかず)、俊在(としあり)、長保(ながやす)、長監(ながてる)、俊能(としよし)、俊泰(としやす)、俊胤(としたね)、俊懋(としまさ)、俊良(としあき)、俊敦(としあつ)、俊方(としかた)、俊程(としのり)、俊愿(としまさ)と16代270年間にわたって領有。1642年(寛永19)延俊の死後、俊治は弟延由(のぶよし)(延次(のぶつぐ))に立石(たていし)(杵築(きつき)市)5000石を分知、以後本藩は2万5000石となる。藩では、領内を山里、里目に二分して支配を行った。また、城下である日出湊(みなと)は中世以来の良港で、海上交通の要所であり、問屋をはじめ諸商人が集住していた。日出藩の学問は、理学者帆足万里(ほあしばんり)を中心に大きく盛り上がった。万里は1832年(天保3)に家老となり、藩政改革にも取り組んでいる。特産品は、鶴成(つるなり)金山(杵築市)の金、17世紀中ごろ導入の七島藺(しちとうい)や、将軍献上の麻地酒(あさじざけ)などが著名。1871年(明治4)廃藩置県により日出県成立、同年さらに大分県に編入された。[豊田寛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日出藩の関連キーワード木下 俊哲村上 庸吉城下カレイ矢野勘三郎豊後の三賢日出(町)滝 廉太郎木下俊忠賀来惟熊木下延俊米良東嶠木下家定木下俊長帆足万里致道館日出城七島藺あさじ藩校山香

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android