コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日切れ法案 ひぎれほうあん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日切れ法案
ひぎれほうあん

効力の期限があらかじめ法文中に定められている法案。期限までに改正案が成立しない場合,その効力が失われ政策に大きな障害が生じる。通常,年度末が日切れの期限となるため,野党の議事妨害の取引材料になることが少くない。しかしその一方で,期限直前に与野党の合意のうえで,ほとんど審議することなく成立することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひぎれ‐ほうあん〔‐ハフアン〕【日切れ法案】

特定の期日に成立することを前提として審議される法律案。予算関連や、限時法の期間延長のための法律などに多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひぎれほうあん【日切れ法案】

時限法の期限延長のための法律案、特定の期日に開始すべき施策に関する法律案、予算と関係する法律案など、一定期日までの成立が不可欠とされる法律案。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android