コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日奠 にちでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

日奠 にちでん

1601-1667 江戸時代前期の僧。
慶長6年生まれ。日蓮宗。身延山で日遠(にちおん),日護に師事し,下総(しもうさ)中村(千葉県)の檀林でまなぶ。能登(のと),加賀,越中で布教につとめ,万治(まんじ)3年身延山久遠(くおん)寺28世となる。徹底した受不施を主張した。寛文7年10月23日死去。67歳。加賀(石川県)出身。字(あざな)は義道。号は妙心院。著作に「破奥記」「受不受法理抄」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日奠の関連キーワードセナパティ瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデン相良頼寛

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android