コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本人妻里帰り問題 にほんじんづまさとがえりもんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本人妻里帰り問題
にほんじんづまさとがえりもんだい

1959年の在日朝鮮人帰還協定に基づいて,在日朝鮮人の夫や子供とともに朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) に渡ったままになっている日本人女性の里帰り問題。北朝鮮には現在,日本側で消息を確認できるだけで 500人前後の日本人妻がいるといわれるが,日朝関係の正常化が進展しない状況下で里帰りは認められないままだった。日本政府は 91~92年の国交正常化交渉以来,日本人妻安否の調査と里帰り促進の要求を続けていた。 97年に入り北朝鮮側が深刻な食糧事情や国際的孤立を背景に交渉に応じる意向を示し,8月の予備会談を経て9月の日朝赤十字会談で「毎回 10~15人,滞在は1週間程度」の里帰りに合意した。それに基づき 11月,第1陣 15人が,98年1月には第2陣 12人がそれぞれ 40年ぶりに故郷へ里帰りした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本人妻里帰り問題の関連キーワード新藤兼人岡本喜八マキノ雅広森一生チベット問題ルナ市川崑エルスケン川島雄三恐怖映画

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android