コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本人文科学学会 にほんじんぶんかがくがっかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本人文科学学会
にほんじんぶんかがくがっかい

前身は,第2次世界大戦後まもなく文部省の肝いりで発足した人文科学委員会で,経済学,歴史学地理学民族学社会学宗教学などの社会,人文科学系の研究者によって構成されていた。 1951年文部省から独立し,改めて,日本人文科学学会として民間学術団体を発足させた。この学会の研究成果には『封建遺制』 (1951) ,『社会的緊張の研究』 (53) ,『近代鉱工業と地域社会の展開』 (55) ,『近代産業と地域社会』 (56) ,『佐久間ダム』 (58) ,『ダム建設の社会的影響』 (59) ,『技術革新の社会的影響』 (60) などがあり,『技術革新の社会的影響』の調査後,自然解消した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android