日本加工製紙(読み)にっぽんかこうせいし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本加工製紙
にっぽんかこうせいし

アート・コート紙の大手メーカー。 1917年に設立。日本製紙系。高級印刷用紙,特殊紙,情報・産業用紙,化成品の4つの事業を中心として,原木から製品までの一貫した生産体制をしいている。独創的なコーティング技術と品質管理によって,市場を開発。売上構成比は,印刷用紙 76%,雑種紙 13%,化成品 11%。年間売上高 562億 8600万円 (連結。うち輸出4%) ,資本金 115億 2200万円,従業員数 949名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android