品質管理(読み)ひんしつかんり(英語表記)quality control

翻訳|quality control

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

品質管理
ひんしつかんり
quality control

製品の内容のよしあしの程度を意味するものが品質であり、できるだけよい品質をつくるように、またできるだけ標準の品質にばらつきが生じないように管理活動を行うことが品質管理である。QCと略称される。一般に、品質管理は次のような手順によって実施される。(1)要求される品質標準を決める。(2)その品質標準を達成するための方法を決める。(3)製品の検査結果を品質標準と比較して、評価する。(4)製品に相違があれば、品質標準にあうような対策を施す。とくに、手順(3)では、製造された品質の平均値や標準偏差などを測定して、生産工程の状態が正常であるかどうかを調べる統計的手法として、各種の管理図が広く用いられる。

 管理図法は、製品の寸法や不良率などの目標とする値を中心線として、これを挟む2本の線を考え、製品の寸法や不良率のバラツキがこの2本の線の範囲を越えたかどうかを見やすくするために利用される。この2本の線を越えた場合、そのバラツキの原因が偶然なのか、工程内に異常が発生しているのかを調べることになる。この2本の線は管理限界線とよび、中心線から値の大きいほうを上方管理限界線、また中心線から値の小さいほうを下方管理限界線とよぶ。この中心線からの値は、すでにつくられたものからの測定データを解析することによって統計的に決める。

 品質管理の対象とする寸法、不良率など測定データの性質により、種々の管理図が開発されている。管理図法の区分としては、3σ(シグマ)法が一般的によく用いられており、またこの3σ法も、測定するデータの性質により、寸法、不良率のほかに、重さ、強さ、成分、純度などの計量値による分野と、不良率、返品個数、クレーム件数などの計算値による分野に分けられる。計量値に対する代表的な管理図法としては、(平均)―R(範囲)管理図があり、計算値を対象とするものとしては、Pn(不良個数)管理図などがある。

 なお、統計的手法を中心に普及してきた品質管理も、経営トップによる品質監査から製造現場のQCサークル活動に至るまで、経営のツールの一つとしての役割が認識されてきた。さらに、今日では社会的な品質までをも含めた幅広い総合的品質管理total quality control(TQC)へと発展している。

[玄 光男]

『安藤貞一・松村嘉高・二見良治著『統計的品質管理入門』(1981・共立出版)』『伊藤通展・前野敏彦著『パソコンによる品質管理』(1984・日本経済新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

品質管理【ひんしつかんり】

英語でquality controlといい,QCと略することも多い。近代的産業において製品のもつべき性能,性質などを,要求される一定の水準に保つために生産者が行う一連の活動。検査により不良品を除くとか,原材料や製品の規格を定め,製造方法や条件などに標準を定めるなどの方法が一般的であるが,今日では多くの場合1920年代から行われ始めた統計的品質管理を意味する。これは製品の群の品質特性の変動が,安定した統計学的分布をとるようにし,この分布からはずれればその原因を取り除くようにするもので,管理図による方法に代表される。製造工程の計測管理(工業計測),特に自動制御を含む計測管理は各種品質特性の測定,または製造工程の状態,条件を計画どおり保持するために重要で,品質管理上大きな役割を有している。→抜取検査
→関連項目インダストリアル・エンジニアリング工場管理生産管理(経営)TQC

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

品質管理
ひんしつかんり
quality control; QC

買手 (顧客) の要求する品質水準の製品を経済的,効率的に生産し提供するために,設計,生産,販売のすべての段階で検査・評価,および必要に応じた修正・改善を行う管理手法。大量生産品の場合は,統計的品質管理の手法により,計画した品質と実際の品質を抜取検査や全数検査によって比較し,長さ,重さ,厚み,回転数,含有量などの性能,品質の異常を発見し,これを品質の許容誤差範囲内に継続的に収めていくように,種々の修正や調整,改善などを行う。 TQC (total quality control,全社的品質管理) は QCの実施を生産面に限定しないで,全社的に適用したものである。具体的にはQCサークルという 10人内外の小集団の自主的な活動として展開される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひんしつ‐かんり ‥クヮンリ【品質管理】

〘名〙 (quality control の訳語) 需要に適した品物をむらがなく経済的に生産するための管理法のこと。製品の性質があらかじめ定められた規格内にあるかどうかを生産の過程あるいは工程終了後に検査して、その分布状態と規格とを比較することにより、工場の管理や設備の適、不適を判定し、品質を一定規格内に保つようにすること。略称QC。〔推計学の話(1949)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひんしつかんり【品質管理 quality control】

QCと略することも多い。顧客の要求を満足させる品質をもった製品を作り出し,顧客に提供する機能をいう。品質管理という言葉が用いられるようになったのは第2次大戦中アメリカにおいてである。それ以前において工業製品の品質を管理するという仕事がなかったわけではない。大戦前においてもドイツのカメラ,スイス時計などの品質は世界的に定評があったところであり,品質確保のためにいろいろな努力,くふうがなされていた。しかしこれらの製品の品質を支えていたのは経験豊富な専門家による設計,高度の技能を持つ熟練工による作業であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

知恵蔵の解説

品質管理

QC」のページをご覧ください。

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

世界大百科事典内の品質管理の言及

【小集団活動】より

… 企業内のおもなサークル活動の流れには次のようなものがある。(1)QCサークル 製品の品質の維持と向上をはかる科学的な品質管理quality controlの手法をマスターするため,職長が中心となってつくられたのがQCサークルである。品質管理そのものはアメリカが発祥の地であるが,日本ではそれが伝統的な集団主義と結びつき,1962年,主要な企業で導入が始められて以来,年ごとに関心が高まった。…

【管理図】より

…製品の品質管理に用いられる図表。近代科学が発展を遂げた19世紀の後半において,物を作る方式として大量生産の技術が研究され始め,標準化の原理が生みだされた。…

【経営学】より

…企業制度論ないし経営形態論は,資金調達の様式の差異にもとづく会社制度や企業間の結びつきの諸形態を問題にする。生産活動の仕組みについては,生産管理,品質管理などの領域が発達している。マーケティング論は,市場での販売と企業内の生産との関係を問題にしている。…

【小集団活動】より

… 企業内のおもなサークル活動の流れには次のようなものがある。(1)QCサークル 製品の品質の維持と向上をはかる科学的な品質管理quality controlの手法をマスターするため,職長が中心となってつくられたのがQCサークルである。品質管理そのものはアメリカが発祥の地であるが,日本ではそれが伝統的な集団主義と結びつき,1962年,主要な企業で導入が始められて以来,年ごとに関心が高まった。…

※「品質管理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android