コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

萩/芽子 ハギ

4件 の用語解説(萩/芽子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はぎ【×萩/芽子】

マメ科ハギ属の落葉低木の総称。山野に生え、葉は3枚の小葉からなる複葉。秋、蝶形の花を総状につけ、ふつう紅紫色。ミヤギノハギマルバハギなどがあり、特にヤマハギをさす。古くから庭園に植えられ、秋の七草の一。歌に鹿や雁と取り合わせて詠まれ、異称も多く、鹿鳴草(しかなくさ)・鹿の花妻・風聞草(かぜききぐさ)・月見草・庭見草などがある。胡枝花。からはぎ。 秋》「一つ家に遊女も寝たり―と月/芭蕉
襲(かさね)の色目の名。表は蘇芳(すおう)、裏は萌葱(もえぎ)または青。秋に用いる。萩襲。
紋所の名。萩の花・葉・枝を図案化したもの。

はぎ【萩】[地名]

山口県北部の市。日本海に面し、水産加工業ナツミカン栽培が盛ん。もと毛利氏の城下町で、明治維新には多くの志士が輩出。萩焼の産地。平成17年(2005)3月に阿武郡6町村と合併。人口5.4万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はぎ【萩】

マメ科ハギ属の植物の総称。落葉低木または半草本で、山野の日当たりの良い乾燥地に多い。葉は互生し、三小葉から成る複葉。夏から秋にかけ、紅紫色、ときに白色の蝶形花を総状につける。ヤマハギ・ノハギ・ミヤギノハギ・マルバハギ・キハギなど。秋の七草の一。 [季] 秋。 《 低く垂れその上に垂れ-の花 /高野素十 》
かさねの色目の名。表は蘇芳すおう、裏は青。秋に着用。織り色では経たて青、緯よこ蘇芳。
家紋の一。萩の花や葉・茎を図案化したもの。
おはぎ。ぼたもち。萩の餅。

はぎ【萩】

山口県北部、日本海に面する市。江戸時代、毛利氏三六万石の城下町。城下町の形態をよく残す。夏ミカンの栽培、水産加工が盛ん。萩焼は伝統工芸。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

萩/芽子の関連キーワード木萩酸塊夏藤花蘇芳丸葉萩宮城野萩山萩山藤連玉木五倍子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone