日本合成化学工業(読み)にほんごうせいかがくこうぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本合成化学工業
にほんごうせいかがくこうぎょう

有機合成品のメーカー。三菱化学系。 1927年創業。事業領域は有機化学工業製品,医・農薬原料,エレクトロニクス関連材料。特に合成ポバールでは国内最大手。最近では液晶関連,健康関連,生分解性プラスチックにも進出。売上構成比は,合成樹脂 56%,有機合成 43%,その他1%。年間売上高 754億 600万円 (連結。うち輸出 28%) ,資本金 179億 8900万円,従業員数 1129名 (1999) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

日本合成化学工業

正式社名「日本合成化学工業株式会社」。英文社名「The Nippon Synthetic Chemical Industry Co., Ltd.」。化学工業。昭和2年(1927)「株式会社日本合成化学研究所」設立。同3年(1928)現在の社名に変更。本社は大阪市北区小松原町。三菱化学系。接着剤・包装材・液晶向けフィルムなどに使用される合成樹脂の製造を行う。ほかに医薬品や電子材料など。東京証券取引所第1部上場。証券コード4201。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android