コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本大蔵経 にほんだいぞうきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本大蔵経
にほんだいぞうきょう

仏教の典籍を編集した叢書の一つ。 1919~21年日本大蔵経編纂会の発行。 51巻。重要な経典,律典,論書を漢訳とともに注釈したもので,貴重な文献を多く載せている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本大蔵経
にほんだいぞうきょう

仏教の叢書(そうしょ)。本蔵48巻、解題二巻、目録一巻からなる。1914~22年(大正3~11)に松本文三郎(ぶんざぶろう)、中野達慧(たつえ)が中心となって編纂(へんさん)した。その方針は、漢訳大蔵経から重要な経・律・論を取り出し、これを日本撰述(せんじゅつ)の注釈と会本(えほん)にして編集することであった。経・律・論の三蔵および宗典の四部門に分かち、792部の典籍を収める。網羅的ではないが、重要な典籍を収め、ほかの叢書にみられない注釈を含んでおり、日本仏教の教理的研究にはきわめて有用である。修験道(しゅげんどう)関係の典籍を集めた点もほかにみられない特色である。なお、1973年(昭和48)から『増補改訂日本大蔵経』全100巻(うち解題三巻)が鈴木学術財団から刊行され、78年に完結した。解題には新しい研究が盛り込まれている。[岡部和雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

日本大蔵経の関連キーワード大日本仏教全書松本 文三郎松本文三郎十善法語仏教

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android