松本文三郎(読み)まつもと ぶんざぶろう

  • 1869―1944
  • まつもとぶんざぶろう
  • 松本文三郎 まつもと-ぶんざぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1869-1944 明治-昭和時代前期のインド哲学者,仏教学者。
明治2年5月生まれ。39年京都帝大教授,41年同大文科大学長となる。昭和13年東方文化研究所長。「日本大蔵経」の編集,インド・中国の仏教遺跡調査にあたる。昭和19年12月18日死去。76歳。加賀(石川県)出身。帝国大学卒。著作に「仏典結集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

明治~昭和期のインド文化および仏教美術史研究の先駆的開拓者。金沢市生まれ。帝国大学文科大学(現、東京大学文学部)を卒業後、一高教授を経て、1906年(明治39)京都帝国大学文科大学(現、京都大学文学部)の開設委員となり、1908年からは7年余にわたり第2代学長の重責を果たした。引き続き印度(インド)哲学史講座担当教授として1929年(昭和4)まで京大に在任、その間、学士院会員に推挙された。さらに晩年の6年余は東方文化研究所(京都)所長の任にあたるなど、終始して徳望高き学界の重鎮であり、また卓越した研究活動の組織者であった。[大地原豊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる