コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本書紀伝 にほんしょきでん

1件 の用語解説(日本書紀伝の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきでん【日本書紀伝】

注釈書。鈴木重胤著。1862年(文久2)30巻まで成る(未完)。重胤は《延喜式祝詞講義》を脱稿したのち,1853年(嘉永6)に本書の執筆をはじめ,63年暗殺されたときに〈天孫降臨章〉まで書かれていたが,未完に終わった。しかし《日本書紀》神代巻について比類のない詳細な注釈を試みたものである。字句を単に解釈するにとどまらず,古事を究明するために豊富な知識を展開しているのが特徴である。【平野 仁啓】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本書紀伝の関連キーワードサイゴン条約黒住教有馬新七ウィリス宇津木六之丞大橋訥庵片岡市蔵(初代)菊池教中柴山愛次郎シーボルト

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone