コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本書紀伝 にほんしょきでん

世界大百科事典 第2版の解説

にほんしょきでん【日本書紀伝】

注釈書。鈴木重胤著。1862年(文久2)30巻まで成る(未完)。重胤は《延喜式祝詞講義》を脱稿したのち,1853年(嘉永6)に本書の執筆をはじめ,63年暗殺されたときに〈天孫降臨章〉まで書かれていたが,未完に終わった。しかし《日本書紀》神代巻について比類のない詳細な注釈を試みたものである。字句を単に解釈するにとどまらず,古事を究明するために豊富な知識を展開しているのが特徴である。【平野 仁啓】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本書紀伝の関連キーワード照井長柄秋野庸彦大滝光憲星川清晃紀元節桂誉重

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android