比類(読み)ひるい

精選版 日本国語大辞典「比類」の解説

ひ‐るい【比類】

〘名〙 べるもの。同じたぐいのもの。比倫
※江吏部集(1010‐11頃)下・重陽侍宴清凉殿同賦菊花聖賢応製「止足濃姿無比類
※原子力と文学(1954)〈小田切秀雄〉一「人間としての比類を絶した体験と」 〔礼記楽記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「比類」の解説

ひ‐るい【比類】

それとくらべられるもの。同じたぐいのもの。「比類ない経験」「比類なくすばらしい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「比類」の解説

【比類】ひるい

なぞらえる。〔礼記、楽記〕倡和、應り。~物の、各を以て相ひ動くなり。是の君子に反りて以て其のを和らげ、を比して以て其のひをす。

字通「比」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android