比類(読み)ヒルイ

デジタル大辞泉の解説

ひ‐るい【比類】

それとくらべられるもの。同じたぐいのもの。「比類ない経験」「比類なくすばらしい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ひ‐るい【比類】

〘名〙 比べるもの。同じたぐいのもの。比倫。
※江吏部集(1010‐11頃)下・重陽侍宴清凉殿同賦菊是花聖賢応製「止足濃姿無比類
※原子力と文学(1954)〈小田切秀雄〉一「人間としての比類を絶した体験と」 〔礼記‐楽記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報