日本氈鹿(読み)にほんかもしか

精選版 日本国語大辞典「日本氈鹿」の解説

にほん‐かもしか【日本氈鹿】

〘名〙 偶蹄目ウシ科の哺乳類体長は一〇〇~一二〇センチメートル。(つの)雌雄ともにあり、八~一五センチメートルで、後方にゆるやかに曲がる。毛の色は生息地によって異なり、白系統から褐色系統まである。日本の特産種本州以南の高山帯に生息する。アオシシ、クラシシ、カモシシ、ニク等の呼び名もある。特別天然記念物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「日本氈鹿」の解説

にほん‐かもしか【日本×氈鹿】

ウシ科の哺乳類。体長1~1.2メートル。体毛はやや長く、白色・茶褐色・黒褐色など。雌雄とも短い角をもつ。草食。本州・九州などの山地に1頭またはつがいで暮らす。日本特産種で、特別天然記念物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「日本氈鹿」の解説

日本氈鹿 (ニホンカモシカ)

学名Capricornis crispus
動物。ウシ科のカモシカ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android