日本版COSO報告書(読み)にほんばんこそほうこくしょ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

日本版COSO報告書

経済産業省が出しているリスク管理、内部統制に関する研究会の報告書(リスク新次代の内部統制―リスクマネージメントと一体となって機能する内部統制の指針)は日本版COSO報告書を呼ばれることがある。近年発生した企業不祥事について言及し、企業が内部統制システムを構築する上での指針を設定している。内容は、米国のCOSO報告書(トレッドウェイ報告書)に倣っているので日本版COSOと呼ばれている。日本版COSOが含んでいる内部統制の指針として、「コーポレートガバナンスの確立」「健全な内部環境・運用」「トータルのリスク認識・評価」「リスクへの適切な対応」「円滑な情報伝達の整備・運用」「業務執行ラインにおける統制と監視の適切な整備・運用、および業務執行ラインから独立した内部監査の確立」が挙げられる。これらは、米国のCOSO報告書で提唱されている、内部統制の5要素に対応したものである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android