コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本版COSO報告書 にほんばんこそほうこくしょ

1件 の用語解説(日本版COSO報告書の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

日本版COSO報告書

経済産業省が出しているリスク管理内部統制に関する研究会の報告書(リスク新次代の内部統制―リスクマネージメントと一体となって機能する内部統制の指針)は日本版COSO報告書呼ばれることがある。近年発生した企業不祥事について言及し、企業が内部統制システムを構築する上での指針を設定している。内容は、米国のCOSO報告書(トレッドウェイ報告書)に倣っているので日本版COSOと呼ばれている。日本版COSOが含んでいる内部統制の指針として、「コーポレートガバナンスの確立」「健全な内部環境・運用」「トータルのリスク認識・評価」「リスクへの適切な対応」「円滑な情報伝達の整備・運用」「業務執行ラインにおける統制と監視の適切な整備・運用、および業務執行ラインから独立した内部監査の確立」が挙げられる。これらは、米国のCOSO報告書で提唱されている、内部統制の5要素に対応したものである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本版COSO報告書の関連キーワード通商産業省ALMリスク管理経済産業省METIQマーク経済産業大臣MITIキャリア官僚の自己都合退職者数モラルリスク

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone