コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内部監査 ないぶかんさ

6件 の用語解説(内部監査の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

内部監査

企業や組織の内部の人間が他の部署から独立した立場をとって、組織内での業務遂行を検査することをいう。従来、内部監査は経理部が行なう会計や、各部門の業務の適法性などに留まっていた。しかし最近では、経営戦略の展開や、リスクアプローチ顧客満足度など、内部監査の対象の幅が拡大している。また、組織のマネージメントシステム全般が有効に運営されているかを確認するという役割が課されるようになっている。そうした流れの中で、「内部監査室」から「経営監査室」という名称に変更する企業も多くなってきている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ないぶ‐かんさ【内部監査】

会計士や企業外の監査人による外部監査に対し)企業内部に経営者に直結して置かれる職務。経営諸活動が合法的・合理的に行われているかを検討・評価して問題点を指摘し、効率の高い経営を提案する。
[補説]日本内部監査協会が内部監査人の資格試験を実施している。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

内部監査【ないぶかんさ】

会計上の誤謬(ごびゅう)や不正の発見・防止のため,特に内部統制システムと結びついて行われる監査。公認会計士による外部監査と区別され,コントローラー部の内部監査人によって制度的に実施される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ないぶかんさ【内部監査】

企業内部の監査人が行う会計監査。近年は、経営全般について評価・検証・改善策の提案などを行うことをも含めていう。 → 外部監査

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内部監査
ないぶかんさ
internal audit

企業の内部に監査課,監査室といった監査実施のための一定部門を設け,自主的に行われる自己監査のこと。内部牽制組織とともに企業の内部統制の一環として,会計記録,会計手続の正確性と妥当性を検証し,不正誤謬を検出するとともに,広く経営者的見地から他の諸管理の有効性および各部門の業務活動を評価する経営者のための監査である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内部監査
ないぶかんさ
internal audit

企業の内部者によって行われる監査。組織体の経営目標の効果的な達成に役だつことを目的として実施される。外部監査人によって実施される外部監査と対比され、外部監査は強制監査法定監査)であるのに対して、内部監査は任意監査の性格をもつ。内部監査は、会計監査のみならず業務監査にまで及び、合法性と合理性の観点から経営諸活動の遂行状況を検討・評価し、意見を述べ、助言・勧告を行い、さらに特定の経営諸活動の支援を行う。
 外部監査(公認会計士監査)は、企業の第三者的立場から利害関係者に対して、財務諸表の適正性について意見を述べるのに対し、内部監査は、企業内部の立場から、経営諸活動が経営目標に合致しているかどうかについて経営者に対して意見を述べるものである。また、内部監査は、監査結果について意見を述べるだけではなく、発見された問題点について改善提案を行い、その項目が改善・是正されたか、フォローアップもしなければならない。この点も、外部監査と異なるところである。
 内部監査を担当する内部監査部門は、他部門からの制約を受けることなく、公正不偏な態度で監査を遂行しうる環境になければならない。このため組織的に独立し、また原則、最高経営者に直属していることが必要である。さらに、内部監査担当者は、効果的な監査を実施するために、業務や監査に関する十分な知識、技能および能力を有していなければならない。[中村義人]
『あずさ監査法人著『経営に資する統合的内部監査』(2009・東洋経済新報社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の内部監査の言及

【会計学】より

…財務会計論は,(a)簿記論,(b)財務諸表論,(c)原価計算論,(d)会計監査論等から構成されている。また管理会計論は,(e)原価計算論,(f)予算統制論,(g)経営分析論,(h)内部監査論等を内容としている。端的にいうならば,財務会計論は会計士会計学として,また管理会計論は経営者会計学として,それぞれ特徴づけることができる。…

【会計監査】より

… 会計監査は独立かつ公正な立場でなされなければならないから,会計記録に関与していない第三者によって行われなければならない。この第三者には企業内における第三者と企業外における第三者とがあり,前者には企業の内部監査課や監査役などがあり,後者には公認会計士と監査法人(5名以上の公認会計士によって共同で設立された法人。会計監査人は公認会計士・監査法人のいずれかでなければならない)がある。…

※「内部監査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

内部監査の関連キーワード内部告発院内内部内部環境インサイダー社内内圧内憂部内分社

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内部監査の関連情報